My gallery

GRA kingdom

画像 | 投稿日: 投稿者: | コメントをどうぞ

地球屋パン工房

榛東村にある地球屋の敷地内に

パン工房がオープンした。

地球屋パン工房薪用アイアンハッチ

薪窯に外から薪を運ぶためのハッチ

 

地球屋パン工房看板

看板

カテゴリー: エクステリア | コメントをどうぞ

社会福祉法人 新生会 アイアンゲート

社会福祉法人 新生会 ウェルカムセンターにアイアンゲートを

設置してきた。

ゲストルームへの差別化を図るための仕切りで、

ここから内装も変わる。

施設のテーマとも合わせ、森に入っていくイメージで。

新生会ゲート

新生会ゲート(部分)

カテゴリー: エクステリア | コメントをどうぞ

しばらくの制作をまとめて

久々更新。

local kitchen パーテーション

ローカルキッチン手すり

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ-地球屋てすり

地球屋 てすり

シンプルに。

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ-地球屋草津看板

地球屋草津 看板

カッティングシートが貼られる。

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

夢や スピーカーカバー

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

地球屋 うまのフレーム

何になる?

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

高山眼科 シンメトリー(Family)

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

高山眼科 (frog masked tadpole)

カエルの皮をかぶったオタマジャクシ。

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

カエルオタマのアップ

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

高山眼科 (野原  昼、夜)

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

野原 昼のアップ

高山眼科シリーズはかなりの気合を入れた。

施主はとても理解があって、しっかり払うが註文つけない、

というスタイル。すごく気に入ってくれた!

 

カテゴリー: エクステリア | コメントをどうぞ

植物と鉄のコラボ

乙庭SHOPで毎月後半に行っております
現代アート展覧会「生物図鑑」
第14回めは、鉄の彫刻家 茂木康一さんによる、

「王国のライン」と題された展覧会となります。

今回は、茂木さんの鉄の彫刻作品とともに、

茂木さんが趣味のレベルを超えたマニアックさで愛培している
コーデックスと呼ばれる不思議な形状の多肉植物を合わせてご覧いただく、

植物好きの方にも楽しんでいただける展覧会となっております。

会場では、展示にも登場する激・珍しいコーデックスプランツの

販売品もご用意いたします。夏休みのお買いもの的にも要チェックですよ!

茂木さんは群馬県内での個展開催も多数、

前橋アートコンペライブ2000 グランプリ受賞等々、
群馬県を中心に活躍されている作家さんです。

県内の方なら茂木さんの彫刻をご覧になったことのある方も多いと思います。

茂木さんの鉄の彫刻作品は、空想上の生物を思わせるような有機的なラインが特徴。
鉄という無機物が、彼の手によって不思議な有機物として

命を与えられているような感覚をおぼえます。

茂木さんが「グラ王国」と呼ぶ、群馬県榛東村にある茂木さんのアトリエでは、

これらの彫刻作品と共に、茂木さんが愛培しているたくさんの珍しく不思議な
多肉植物に出合うことができます。

中でも特に目を引くのが、コーデックスと呼ばれる、根や幹が極度に多肉化した異形の一群。

南アフリカやマダガスカル、アラビア半島の砂漠などの辺境に原産する
コーデックスプランツの不思議な形・ラインは、

茂木さんのイマジネーションに取り込まれ、
彫刻作品のそこここに再構築されて現れてきます。

グラ王国では茂木さんご一家と彫刻作品、そして多肉植物たちが
共存してひとつの独立した王国風景を作り出しています。

この風景こそが、彫刻だけでは語り得ない
茂木さんの世界なのだと感じました。

今回は鉄の彫刻作品と茂木さん所蔵のコーデックスプランツを
合わせて展示空間構成し、
乙庭がグラ王国の出張所となります。

キケンな国境線の向こうにある、茂木さんと植物の不思議な世界をご堪能ください。

そして!

今回は、夏休み期間中ということもあり、
普段なかなか知ることができない、コーデックスプランツについても

ちょっと学べて・そして買える、博物的且つ物欲的にも楽しい企画となっております。

財団法人 進化生物学研究所さんのご協力をいただき、

植物園サイズの激レアコーデックスの見本株展示や
進化生物学研究所さんご提供によるレアすぎるコーデックス苗の販売、

グラ王国産の激・珍しい魅惑コーデックスプランツの販売もございます。

多くの方のご来場を心よりお待ちしております。

↓展覧会詳細は以下のとおりです。
展覧会インフォメーション

【生物図鑑14
茂木康一 「王国のライン」展】

[ 会期 ] 2013年08月17日(土) ~ 08月25日(日)
[開館時間] 13:30~18:00

[ 休館日 ] 火曜日・水曜日
[ 会場 ] ACID NATURE 乙庭
[ 住所 ] 〒370-0042
群馬県高崎市貝沢町1289-1 quarry – D号室
[ 連絡先 ] 090-3913-7325
[ 植物協力 ]
財団法人 進化生物学研究所

カテゴリー: アート | コメントをどうぞ

展示

ヤマダ電機LABI1高崎で21日まで作品展をしてます。
通常2週間のところが、1週間空いてしまったとの事で 依頼されたつなぎの展示。あるものを持って行っただけ。 当初と異なり、直前に分配がずいぶん変わって、上代が 倍増。 搬入が終わってから、袋や梱包材を用意できない、との事。 貸じゃなく企画でやってるんだから、そんなのは 用意するべきだろう。そのために売り上げ折半するんだからな。 結局知り合いの画廊が用意することになった。 2つの画廊が絡んでて、それぞれの見解が違って、 急遽の展示で、ほとんど打ち合わせなしだったから、 それぞれの常識が違ったって事かな。 あくまでも売り場の延長だから値下げ交渉があったり 夕方からは明るい照明が強制的にてついたり・・・ らしい。 まあ、露出するって事はいいことだとは思うけど、 色んな温度差を感じたなぁ。
すごく忙しいので、番付きはしない。
自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ

 

カテゴリー: アート | コメントをどうぞ

その後の近況とか

相変わらずの更新頻度だな。

その後の制作など。

堤ヶ岡メンタルクリニック

旧群馬町にオープンしたメンタルクリニックの

サインプレート

アスクレピオスの杖

クリニックのシンボル

アスクレピオスの杖をモチーフに

死の象徴の杖はどこまでも枯れ

生の象徴の蛇はエロティックに

local kitchen パーテーション

荒牧のカフェバーlocal kitchenの

パーテーション

確か今日オープンだったな

カテゴリー: エクステリア | コメントをどうぞ

群馬町教会の十字架

日本キリスト教団 群馬町教会の十字架。

プロテスタントだからシンプルに。

でも立ち上がり棒を隠すためにも、少々の装飾。

屋根への取り付け前にしばらく祭壇横において

お披露目するそうだ。

今回はのんびりと制作。それにしてもキャバクラは

ハードだったな。

オレは野良でいたいから、行く場所は自分で決めたいから

崖に登ったり水に潜ったりしなくちゃいけない時もある。

連れが増えたから崖は険しく、氷水もあるだろう。

それでも道は自分で決める。

群馬町教会の十字架

カテゴリー: エクステリア | コメントをどうぞ

ここしばらくの制作

久々更新。年末からの制作品。

 

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ-地球屋ギネス記録つるし飾りフレーム(7045)

わざわざロケットマスヒーター(ロケットストーブ)作って

必死こいて制作した、地球屋の三度目のギネス記録を持つ

つるし飾りの差し替え用フレーム。

 

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ-A邸フェンス 3.11 原発

ずっと続いている大間々のA邸のフェンス。

体調不良でずいぶん待たせてしまったので、

ようやく3.11と原発のモチーフができた。

 

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ-夢や スピーカー吊り具

榛東村のピザとローストビーフサラダが絶品の夢や。

かつてジャズ喫茶をやってたマスターが20年ぶりに

店内のギャラリースぺースを当時のように改装。

150センチの巨大スピーカーに付属品を吊る金具。

 

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ-グッドデザイングンマ2012受賞 ウォールデザインフック

グッドデザイングンマ2012受賞の

ウォールデザインフック。

 

自由気ままに暮らしてるグラ国王のブログ-キャバクラGARNIオーナメント

キャバクラGARNIオーナメント

 

年末をはるかに超えるハードさで

ハナたらして痛み止めと栄養ドリンクと

胃薬飲みまくって何とか超短期で

仕上げた。6メートルもあるオーナメント。

冷間で16ミリの無垢棒を

延々と曲げるのは虚弱な俺には

いじめだろ(爆)

 

カテゴリー: エクステリア | コメントをどうぞ

ロケットマスヒーター

20年も毎日やってると、90パーセントの力を維持しつつも、 いざ、の100パーセントのポテンシャルを出せなかったりする。


体が壊れてからは、いいとこ20パーセントか。

そんな中、10日間、100で行かなくちゃ終わらない物件が・・・

この時期、日が落ちた途端冷気に襲われる王国。
夜間氷点下での作業は苦しい。冷えると肩と首が痛み、めまいと吐き気につながってしまう。コークス炉を兼ねた暖房は、作業の都合上高位置で、あまり期待できない。


で、時間的に悩んだ末のロケットマスヒーター(ロケットストーブ)である。 制作に2日かかっても、3時間余分に動ければ、である。
こいつはネット上では神格化された暖房具。 ただ都市伝説も多い。


誰でも簡単に作れる


焚き口に立てたマキでエンドレス

完全燃焼で、灰も出ない


簡単じゃあ、ねえだろ!ペール缶とトマト缶モノならともかく。
マキは摩擦係数大だから、焚き口に引っかかって倒れ、火事になる。 完全燃焼は構造的にみてどう考えても不可能。


まあ、煙突が立ち上がりなしの横引きオンリーでいけるのは 大きなメリット。 この4メートルのスパイラル管は安くて丈夫なのでそのまま
ベンチで使用。排煙で暖まったドラム缶とスパイラル管に抱きつけるぞ。

 

ロケットマスヒーター


さて・・・久々に気合入れるぜ!!

 

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ